郡山で物産展「みちのくいいもんうまいもん」 東北の被災3県の販路開拓支援

東北の被災3県・福島、宮城、岩手の小売業者の販路開拓支援を目的にした物産展「みちのくいいもんうまいもん」は5日、福島県郡山市の百貨店で開幕した。12日まで。

8年前の東日本大震災で被災した中小企業・小規模事業者を支援し、地域を盛り上げようと中小企業基盤整備機構(東京・港区)の肝いりで始まり、今回で5回目。
福島開催は昨年に続き2回目となった。
会場のうすい百貨店催事場には39店鋪が出店。人気の物産展とあって初日から大勢の買い物客らが詰めかけた。

地元矢吹町のスイーツ店「てづくりかしのみせHappyBerry」は、人気のブルーベリーとクリームチーズのマフィンのほか、ロールケーキを売り出し、フレーバーなスイーツの数々が人気を集めた。
  
実演販売コーナーでは、ご当地グルメとしてB1ゴールデングランプリを受賞した「なみえ焼きそば」や、二本松市で行列のできるラーメン屋「麺屋しん蔵」も登場。
福島市土湯温泉名物のだし醤油こんにゃく「こんころりん醤油」、いわき市小名浜の郷土料理「さんまポーポー焼き」などの逸品も人気を集めた。
宮城県の「風月堂」は、名産のずんだ(枝豆)を使ったレアな品「プルンプルンのずんだわらび餅」などを販売。
牡蠣(かき)専門店「かき松島こうは」は、「BIGでサクサク手作りカキフライ」(サクラソイル)を実演販売した。
山形、秋田、青森の3県の業者も特別出店した。秋田市からはシジミや小魚の佃煮などを出品。シジミの炊き込みご飯の試食を通して、風合いな味を提供した。
秋田市の大塚商店の代表大塚勝孔さんは「今回のような物産展や、九州など各地のアンテナショップなどを通して商品PRしている。
対面販売はお客さんのニーズがつかめ、手応えを感じる」と話した。
今回の物産展は全国4カ所で開いており、昨年11月の東京・池袋は42店が出店。この後、東京・渋谷と奈良県でも開かれる。

ページ上部へ戻る