県中地方12市町村の観光・物産PR 7日まで都庁舎

福島県県中地方12市町村の観光・物産PRコーナーが、8月1日から都庁舎内に設けられ、それぞれの観光や物産など都民にPRしている。
7日まで。
都庁第1庁舎1階の全国観光PRコーナーを借りて、県中地方振興局が音頭を取ってブースを設けた。
今回は須賀川市、鏡石町、天栄村の物産を中心に、郡山市、田村市、三春町、小野町、石川町、古殿町、浅川町、玉川村、平田村の観光パンフレットなど置かれ、
県中地方市町村の特色や産品をPR。
ブースには地元で採れたモモや岩瀬キュウリ、ジャガイモ、玉ネギ、それに全国名酒鑑評会で連続金賞を受けている廣戸川などの日本酒、
昔ながらの砂糖をまぶした「くまたぱん」などが人気を集め、ブースを訪れた人たちが買い求めている。

ページ上部へ戻る