土地売却に多いトラブルって?

こんにちは!郡山の不動産の事ならおまかせの、

イエステーション郡山です。

 

 新しいシリーズとしまして、土地に関しての話題を見ていきましょう!

 遠方に住んでいるためか、相続した土地が何にも利用せずにいる方は意外に多いと思います。
これからも増えていくと思いますが、遠方で管理できないこと、
不動産取得後に固定資産税がいつもかかっていて処分したいと考えている方などは今回のトピックが参考になるのではないでしょうか。

 

 それでは実際に見てみましょう!

 土地を売却する際に意外と問題になることがあります。それが次の点です。

 

1.土地の所有権が実は自分になかったとき

 意外に相続した際にそのままにしておいてしまって、相続登記がされていないことが

 あります。

 

2.土地の境界線がはっきりしていないとき

 土地のどの部分なのか、それとも全部なのか。そもそも土地の境界はどうなっている

 のかは売却契約前に整理して確認しておかないと後々トラブルになってしまいます。

 そのほかにも、自分に不利だなと思っていたことでも協議しておかないとこれもトラ

 ブルに発展してしまいます。意外と不動産の問題は裁判に発展することが少なくあり

 ません。契約金額が高額なのでそれもうなずけます。

 

3.土地売却後の確認も重要です。

 売却価格、契約日、契約者名、手付金、契約物件の住所、住宅ローン審査完了日、

 取引完了日、物件引渡日、登記状況などについて確認しましょう。その際に少しでも

 不明な点があればしっかりと確認して疑問点のないようにしましょう。

 

4.契約条件変更も勝手に決めては問題になります。

 買い手が引渡日を早くして欲しいと言っても、自己判断で応じないようにしましょ

 う。契約内容の変更を無断で行うと、その契約が無効になる場合もあります。

 

 

5.契約を任せきりにしない。

 多い問題の一つとして、不動産会社に任せきりにした結果、不本意な契約を結んで仲

 介手数料をかなり上乗せされたという場合です。土地の売買はいろいろな法律が絡ん

 できます。その為、不動産屋さんを仲介して売買契約書を作り、買い手との契約を結

 ぶのが一般的です。ただ、その不動産屋さんには悪質な方もいて騙されてしまう人も

 います。ここは必ず自分自身で立ち合い、契約の中身を確認しましょう。

 

6.違約金の支払い拒否

 突然契約を破棄されてしまい、引き渡しへの手続きに入っていた場合です。音信不通

 となってしまってそれ以降の契約が進まなくなって困ってしまった場合です。そんな

 時こそ契約書に基づく履行請求ができます。だからこその売買契約書なのです。

 

7.意外な請求も発生します。

 実際の土地の中に自分では知らない埋設物があり、その撤去費用を求められたという

 こともあります。そういったことも踏まえて信頼ある不動産屋さんと共に慎重に契約

 は進めたいですね。

 

 いかがでしたでしょうか。土地売却にまつわるトラブルは意外にも多いものです。
自分で解決できないこともしばしばです。取引実績が豊富で優良な不動産屋さんを選ぶことで、このような問題は未然に防ぐこともできます。
パートナー選びは重要ですね。

 

 

 私たちイエステーション郡山富田では、お客様の大切な不動産の売却や不動産活用についてご希望やご不安へのサポートを迅速丁寧にさせていただいております。
専任の担当者がしっかりとご説明や不明な点など丁寧に承ります。是非、お電話やご来店などお気軽にご相談ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

ページ上部へ戻る