人形の東月がひな人形・五月人形展 東北最大級の品ぞろえ 郡山で13日まで

東北最大級の品ぞろえを誇る、人形の東月(総本店・いわき市)の「第31回チャリティひな人形・五月人形 特別価格大御奉仕会」が1月11日、郡山市のビッグパレットふくしまで開幕した。13日まで。

3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句を前に、雛(ひな)人形、五月人形や兜(かぶと)鎧(よろい)飾り、名前旗、鯉のぼりなど合わせて500点以上が展示されている。
3日間限定の定価からの特別価格で頒布されるとあって、開幕にあわせて多くの買物客らが会場に足を運び、品定めしている。

近づくひな祭りを前に雛人形を買い求める人も多く、人形アドバイザーの説明を受けて、多彩な品ぞろえのきらびやかな人形を吟味していた。
人形の東月は、除湿や脱臭、防虫効果に加えてマイナスイオンの空気清浄効果の備長炭の「炭胴」を塗布したひな人形づくりが特長。
豪華な7段飾り、10人飾り、木目込み、雛ケース飾り、それに五月人形の武者人形、兜鎧などの逸品が並んでいる。
可愛らしいおぼこ人形の稚児雛(京人形)も展示され、人気を集めていた。
会場入り口には、「東月あかちゃんフォトコンテスト」の作品226点も展示されている。
入場無料。午前9時~午後6時まで。

ページ上部へ戻る