物件の見学のポイント!

まずは積極的に現地を見学することが大切です。物件資料だけでは分からない気づきがありますので、資金計画を済まされたら、現地見学をすることが大切です。

 

物件見学時の3つのポイント

① 部屋・収納の使い勝手を考えましょう。

② 日当たりや音などを考慮した総合的な居住性を考えましょう。

③ 周辺環境・周辺設備も考慮した、入居後のことを考えましょう。

※ 見学した物件に住んだときの「生活」を想像して、お客様のご満足いくイメー ジができるなら、その物件はきっとお客様にとって「いい物件です」。

 

 

見学するときのマナー

売主様・買主様がお互いに良いお取引をするためにも、見学するときには以下のマナ ーは守りましょう!!

① マイナスの感想・価格に関することは売主様の前では話さない。

② 他の物件との比較はその場では言わない。

③ 知りたいことや聞きたいことはまずは担当の営業マンに確認してください。

私達は、物件をご案内するときに、買主様が知りたい「物件の良い所・悪い所」を買主様の気持ちになってお伝えしております。その他にも、お客様が今後住まれたときの「生活」を想像できるように、周辺の住環境や・周辺設備なども詳しくお伝えします。

ページ上部へ戻る