建築基準法の斜線制限って?

「斜線制限」とは建物の屋根の一部分など、建物の各部分の高さを規制するものです。「斜線制限」とはどんなことでしょうか?

 

斜線制限

「斜線制限」には、道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限の3種類あります。道路や隣接地への日当たりや風の通りなどに支障をきたさないように建築物の各部分の高さを規制しています。建物を建てたことによる日陰や風通しの悪化などを極力防ぐというもので、建築計画図面に建築基準法で定められた一定の斜線を引き、その斜線内に建築物を建てなければいけないというものです。

 斜線制限のイメージ

 

道路斜線制限とは

「道路斜線制限」とは道路の日当たりや風の通りなどに支障をきたさないように建築物の各部分の高さを規制したものです。建築を予定している敷地の前面道路から敷地に向かって一定のルールに基づいた斜線を引き、その斜線の中に建物を収めなければなりません。

道路斜線制限のイメージ

 

北側斜線制限とは

「北側斜線制限」とは、建物を建築する土地の北側の土地での日照等を確保するための規制です。住居系の用途地域で適用されます。隣地との境界線上から敷地にむかって、一定のルールに基づいた斜線を引き、その斜線の中で建物を建てなければなりません。

北側斜線制限が適用される用途地域北側斜線制限のイメージ

都市部では建物の上階が斜めになっているビルや、段々畑のような広いルーフバルコニーが付いているマンションを見かけることもありますが、それは、デザインではなく、斜線制限の制限範囲で建築をしているものがほとんどです。

イエステーションいわきの関連サイト

ページ上部へ戻る