建物の表示ってどうなっているの?

重要事項の説明書に記載される 『建物の表示』ってどうなっているのでしょう。

建物の表示とは「どこに、どんな建物があるのか」という売買の対象となる建物を特定するためのものです。

重要事項の説明書に記載されている建物の表示

不動産番号: ○○○○○○○○○

所在   : ○○市○○町○丁目○○○○番地○○

住居表示 : ○○○○番○○

家屋番号 : ○○○○番○○

種類   : 居宅

構造   : 木造瓦葺

総階数  : 2階建

床面積  : 1階○○m2 2階○○m2

延床面積 : (床面積の合計)○○○m2

所在   : ○○市○○町○丁目

建築年数 :平成○○年○○月○○日

所在・住居表示・家屋番号の違い

所在・住居表示・家屋番号はどれも建物の所在を特定するものです。どう違うのでしょうか?

所在とは

その建物が建っている土地の地番のことです。(住所ではありません)建物の不動産登記簿に記載されています。

 

住居表示とは

「住所」のことです。住民票に記載されるものです。 (地番ではありません)

 

家屋番号とは

家屋ひとつひとつにつけられた番号です。(住所ではありません)基本的には土地の地番と同じものが付されます。不動産登記簿で確認することができます。 マンションの場合は、各専有部分ごとに更に番号が付されています。

    

 

不動産登記簿で確認する建物の表示

建物の不動産登記簿に重要事項の説明書の「建物の表示」に記載されている所在、家屋番号、種類、構造、 床面積など(住居表示以外)は記載されています。土地の場合とは異なり、建物の表示に関する項目は増改築でもしていない限り、実態と登記簿は概ね一致しています。 土地や建物の表示(物理的概要)が記されている部分を「表題部」と呼びます。

ページ上部へ戻る