登記簿と実態の違いについて

なぜ不動産登記簿と実態が異なるの? 異なることによってどのような不具合が生じるの?

実際の土地利用状況や面積が実態と異なる場合があるのか

法務局に備え付けられている「公園(土地の地図)」 をもとに不動産登記簿に記載されている地目や地積は作成されています。 公園の歴史は明治時代にまでさかのぼります。明治維新の地租改正によって今まで国に納めていた年貢が土地に対する税金(地租)に改められました。また、土地の所有者や範囲を特定するために土地を測量し、「公図」がつくられました。これをもとに「公図」が作成されています。 当時は、それぞれの土地所有者自身が土地を測ったものなので、正確さには大きな問題がありました。この当時に作成された「公図」が現在の登記簿のもととなっています。 しかし、現在では土地の財産価値の上昇により近隣との境界トラブルがあるため、公図の精度を高めるために国土交通省では地籍調査をすすめています。地籍調査では関係者の立会いのもと土地の境を確認し、境界に杭を入れます。その上で測量士が測量し、その測量をもとに公図(土地の地図)や地積などを訂正します。

地籍調査イメージ

      

残念ながら、この地籍調査の実施されている地域はまだまだ少なく、現在全国の法務局に備え付けられている「公図」の約半分は明治時代に作成された公図がベースとなっています。つまり、ほとんどの土地の面積は、正確なものではないのです。地籍調査が行われていない地域で正確な境界線や面積を確定する場合は、所有者の負担で測量の専門家に依頼しな付ればなりません。

 

登記簿と現況が異なると?

登記簿と実態は必ずしも一致していません。 異なるとどんな不具合が生じるのでしょうか?

      

固定資産税は測量図などの資料がない場合、原則登記簿の面積をもとに課税します。万一、実際の面積より登記簿の面積が大きい場合、その分、固定資産税を余分に払うことになってしまいます。

 

登記簿と実態は一致しているとが望ましい

不働産登記簿と実態とは一致していることが望ましいでしょう。多くの土地は地籍調査が行われていないので、境界や実際の面積を調査するために測量士や土地家屋調査士に相談しなければなりません。費用がかかりますが、財産を保全するためには大切なことです。

ページ上部へ戻る