抵当権が設定されている不動産の取得方法1

不動産量記簿の乙区欄に抵当権が記載されていると、 誰が不動産を抵当に入れてどのようにお金を借りたのかを知ることが可能です。 抵当権が設定されている不動産を購入する場合の注意点はなんでしょう?

 

抵当権が設定されている土地を買う

抵当権は借りたお金を書ちんと返済していれば、その不動産を自由に使用することも、貸すことも、売却することもできます。つまり、不動産に「抵当権」が設定されていたとしても、その不動産を売却するのは自由なので抵当権の設定されている土地を売却することは問題ありません。

抵当権の設定されている不動産を買った場合

不動産の抵当権が股定されたまま購入しても、きちんとお金を返済していれば、問題なく不動産の購入は可能です。

お金を返済しなかった場合

山田さんがお金を返清できなくなれば、佐藤さんが買った土地は「競売」にかけられ購入した家を失ってしまいます。このようなことにならないように、抵当権を「消して(抹消)」 もらってから購入します。抵当権というのは「万が一お金を回収できない時」のために金融機関が土地を担保にする権利です。 したがって、借りたお金を全額返済さえすれば、抵当権を消す(抹消)ことができます。

 

売主に金額返済するだけのお金がない場含

売主が借入金を全額返済するだけのお金をもっていないケースがほとんどだと思います。このような場合、抵当権抹消のための返済原資は買主から受け取る「売買代金」 を充当します。売買代金の受領と同時に売主は金融機関に借入金を全額返済し、抵当権の抹消手続きが確実にできることを確認して、買主の名義に登記します。(登記は任意ですが)買主のリスクを回避するために、これをすべて同じ日に行います。

ページ上部へ戻る