共有不動産を代理人から購入する場合の留意点

複数の人が共有している不動産を購入する場合の確認方法、 留意点はどんなことでしょう。

共有不動産であるかどうかの確認

共有不動産かどうかの確認は、不動産登記簿で確認することができます。共有不動産を購入する場合は、共有者全員と売買契約をしなければ、完全な所有権を取得することができません。

 

共有者全員と売買契約をすると

共有者の代表と称する人と売買契約を蹄結しても、本当に代表者なのか、他の共有者の売却する意思を確認できないため、完全な所有権を取得できるか心配です。

 

共有者全員が売買契約に立ち会えない場合は、他の共有者の売却意思を確認する必要があります。実際に面識して確認することが一番望ましいのですが、最低でも電話確認と共有者の代表者に「売却手続きを依願するための委任状」を確認する必要があります。委任状には共有者の全員の実印をついたものに印鑑証明書を添付してもらうのが望ましいでしょう。

 

親の土地を子供が代理人として売買する場合

親の土地を子供が代理人として売買する場合も、所有者である親の売却意思確認と親から子供に対する委任状の確認が必要です。

ページ上部へ戻る